toggle
2016-12-02

リュペール ルロワ!強靭な精神力の二人が生み出す驚くほどフォーカスの定まったシャンパーニュ!

エマニュエル ルロワ

「もしシャンパーニュで畑を持っていなかったら、ジュラでワインを造っていたんじゃないかな。」

そう話すのは、リュペール ルロワで主に醸造を担当するエマニュエル ルロワ。

パートナーであり主に栽培を担当するベネディクト リュペールの父が、40年ほど前にこの地に移り住み、ブドウを植樹したことから彼らの歴史は始まりました。

ベネディクト リュペール

かつて羊飼いであったというベネディクトの父は、ブドウを植樹して以来ブドウ栽培農家としてこの地に定住し、協同組合などに自身が栽培したブドウを売り、生計を立てていました。

その父の引退を機に、ベネディクトは教師を辞め、自分たち自身のワイン造りをスタートさせました。

エマニュエルとベネディクトの二人が目指すのは純粋なテロワールの表現。多くの生産者が口にするこの理念ですが、酵母と糖分を添加し瓶内二次発酵をさせるというシャンパーニュにおいては、この純粋さの追求には多くの障害が存在します。

しかしながら二人は、栽培から醸造、瓶詰めに至るあらゆる工程において「純粋」さをどうすれば表現できるのかを追求し、ひとつひとつを磨き上げています。

リュペール ルロワの畑にて

「私は父から、羊飼いとしてのまた開拓者としての好奇心と挑戦の精神を引き継ぎました。私の家族で受け継がれるこの価値観があったからこそ、自然で純粋なシャンパーニュに挑戦できたのです。」

そう話すベネディクトは、既存のシャンパーニュの常識や権威に臆することなく、彼女なりの真実を追い求め、日々畑に立ちます。

「もっとも幸せな瞬間は、早朝5時に父が30年前に植樹した畑に立ち、静寂の中でブドウと向きあう時間です。ここには私の家族の全てがあるのです。」

畑に立つベネディクト

ベネディクトの瞳は、屈強な遺志と不屈の精神で輝いています。

一方、ベネディクトと共に暮らすようになり、ワイン造りを担うことになったエマニュエルも強靭な精神力を備えています。そのルーツには、学生の頃から取り組んでいた競技カヤックでの経験があるといいます。彼が育った環境では、決してポピュラーではなかったという競技カヤック。指導者も経験者もほとんどいないなか、自分自身のみを頼りにトレーニングを積み重ね、本格的な大会に出場を果たすまでになりました。

この二人の精神力の強さがあったからこそ、大きな権威のなかで純粋さの表現が阻まれるシャンパーニュという土地で、シャンパーニュの真価を追い求めることができているのだと思います。

区画ごとに醸造し、ノンドサージュで造られる二人のシャンパーニュ。今回はそこに、もうひとつの挑戦であり、彼らにとって必要な進化である「サン スフル」でのワイン造りに挑戦したキュヴェが加わっています。

そのサン スフルのキュヴェを含む今回リリースの各ワインを試飲したところ、あまりの品質の高さに本当にびっくりさせられました。

それぞれのキュヴェがクリーンでありながら、しっかりと違った個性を備えており、グラスの中に彼らの畑の景色が見えるような、はたまたブドウの果粒が見えるような錯覚を与えてくれる味わいです。

ピノノワールとシャルドネがほぼ半分半分で造られるフォッス グリュリーは、トーストを思わせる香ばしさとクリーンな果実の風味が調和して感じられ、凛とした芯の強さと清涼感があります。そして、そのさらに奥に多彩な表情を秘めているように感じさせ、このワインが真価を発揮する瞬間には、交響曲のような複雑で重層的な味わいが広がることを期待させます。

このフォッス グリュリーのピノノワールのみで造られたフォッス グリュリー オートルモン(=また別の)は、エマニュエルとベネディクトのより高い理想に向けた挑戦となるキュヴェで、サン スフルで造られたシャンパーニュになります。チーズや野生の花、栗を思わせる熟成感のある香りがあり、色調も他のどのキュヴェよりもゴールド。果実味が調和しており、飲み心地はスムーズで、まさに「偉大」な表現力を持ったシャンパーニュであると思います。

灰色の粘土石灰質土壌の区画、コニョーは、ピノノワール100%のブラン ド ノワール。グラスの中に大地からのミネラルを凝縮させた果粒が見えるような錯覚を与えてくれるほど鮮烈な風味です。華やかさや香ばしさがはっきりと感じられ、それでも尚、芯の部分に凛とした清涼感があります。これも「偉大」さを感じさせてくれる味わいです。

石灰質土壌主体のマルタン フォンテーヌは、シャルドネ100%のブラン ド ブラン。グレープフルーツなどの柑橘系の果実やピールを想起させる爽快でフォーカスの定まった風味あり、そこに美しい酸味とシャープでスムーズな飲み心地が加わって、非常に豊かな表情を楽しませてくれます。

尚、今回入荷の各キュヴェは、表記こそありませんが全て2012年に収穫したブドウで造られています。またラベルデザインやボトルはフォッス グリュリーのものに統一されています。

Fosse-Grely

☆生産者の紹介はこちら
★生産者の各画像ダウンロードはこちら
*当該生産者のワイン(当社輸入分)をお取扱いのお客様でプロモーションを目的とした場合に限り、各種画像をご利用頂けます。


『2016年12月2日現在の在庫状況』
☆ シャンパーニュ フォッス グリュリー NV12 【輸入元完売】
☆ シャンパーニュ フォッス グリュリー オートルモン NV12 【僅少】
☆ シャンパーニュ レ コニョー NV12 【輸入元完売】
☆ シャンパーニュ マルタン フォンテーヌ NV12 【輸入元完売】

関連記事

    関連記事はありません