toggle
Dard & Ribo

Dard & Ribo / ダール エ リボ

繊細な人柄と どこまでも深い優しさを 映し取ったワイン

北ローヌの地で、自然派ワインを代表する生産者として知られるダー エ リボ。当主のルネ ジャン ダールと数十年来の友人でありパートナーであるフランソワ リボの二人によって運営されるドメーヌです。ワインの評価も非常に高く、多くの自然派ワインファンを魅了しています。その一方で、権威的なワインジャナーリズムを嫌い、メディアへの露出が極端に少ないために、知る人ぞ知る存在であるともいえます。

「もう自然派ワインを代表する生産者と言われるのは、嬉しくないんだ。僕達は、ずっと昔から美味しいワインを造ろうと努力し続けてきたけど、ただ当たり前のことを積み重ねてきただけなんだ。」

「自然派ワイン」というカテゴリやスペックにこだわった挙句、「美味しいワイン」という本質を見失ってしまう生産者が散見される現状を、彼らなりの優しさで批判した言葉のようにも感じます。テロワールを表現しよう、その土地だけの個性を表現しようとした自然派ワインの多くが、なぜか没個性的な風味になってしまうのはどうしてでしょうか。それは、「手法」にこだわるあまりに「迷い」が生じ、結果としてワインの純粋さが損なわれてしまっているのではと考えられます。

ダール エ リボでは、シラーという品種の繊細な美しさとエルミタージュやサン ジョセフといった土地のテロワールを追求し、そのプロセスで、自然な栽培・醸造にたどり着きました。「自然派ワイン」それ自体が目的ではなく、「美味しいワイン」こそが、彼らの理想なのです。だからこそ、様々なクオリティのものが混在する「自然派ワイン」に分類されたくない、一緒にされたくないという想いに至ったのでしょう。

「僕達のワインは、自然派ワインじゃない。僕達のワインは、ダール エ リボのワインなんだ。」

栽培は、除草剤・化学肥料を用いないなどどこまでも自然な方法で行い、健全で完熟したブドウを得るための最適なタイミングで収穫を行います。醸造においても、自然酵母による発酵や、清澄・ろ過を行わないなど人為的介入を極力排し、ブドウの持つ本来の純粋さをワインに映しとります。瓶詰め時の亜硫酸も特別な事情の生じた年やキュヴェを除いて原則添加しません。

彼らのワインには、従来のシラーという品種やエルミタージュというアペラシオンが備えていた頑強でスパイシーなワインというイメージがありません。それは、従来のスパイシーなシラーというのは作られた個性であって、ブドウや畑本来の個性ではなかったからに他なりません。

「シラーは本来フェミニンな品種なんだ。強いシラーというのは無理に作られたイメージなんだよ。」

実際、最近のヴィンテージにおけるダール エ リボのワインは、非常になめらかで優しい果実味があり、品の良さを備えたエレガンスに満ちたワインとなっています。「ガチガチで10年も飲めないようなワイン」を無理をして造るのでは無く、より素直に、そしてより繊細にワインのピュアさや美しさを表現しています。

Crozes Hermitage Blanc / クローズ エルミタージュ ブラン

産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:ルーサンヌ、マルサンヌ

フランス国内でも非常に人気が高いダール&リボの白ワイン。繊細な酸味に柔らかでトロピカルなフルーツのフレーバーがあり、しっかりとした旨みが特徴です。比較的早い段階でも楽しめますが、熟成によって妖艶な美味しさを獲得し、初期のフレッシュな爽快感とはまた違った味わいが楽しめるようになります。

Crozes Hermitage K / クローズ エルミタージュ ブラン カリエール

産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:マルサンヌ 100%

ミネラル豊かな区画から作られる、その名もカリエールは、白い石が数多く見られる土壌から造られることによって、硬質でシャープ、かつクリーンな味わいのワインとなります。そのきらびやかなミネラル感に囲まれながら、ダール エ リボらしい、まったりとした旨みとふくよかな果実味が絶妙に絡み合います。

Crozes Hermitage les Blanc des Baties / クローズ エルミタージュ レ ブラン デ バティ

産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:マルサンヌ 100%

クローズ エルミタージュエリアの北部、ラルナージュ村に位置する区画で、この区画の個性がしっかりと表現できた年にのみリリースされるスペシャルキュヴェ。ノーマルキュヴェよりもミネラル感がしっかりとしており、果実味に芯がありリッチな味わいとなっています。また飲み心地もスムーズで、コクのある料理との相性が特に良いワイン。

Saint Joseph Blanc / サン ジョセフ ブラン

産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:ルーサンヌ 100%

コート デュ ローヌの白ワインというとボリューム感が強いばかりのもったりとした味わいのものをイメージされる事が多くありますが、このワインには驚くほどの美しい酸とミネラルがあり、その味わいには清涼感すら感じられます。これがサン ジョセフというアペラシオンの持つ真の個性なのかと胸をすくような味わいです。

Saint Joseph Blanc les Champs / サン ジョセフ ブラン レ シャン

産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:ルーサンヌ 100%

この区画の個性がしっかりと表現できた年にのみリリースされるスペシャルキュヴェ。毎年リリースしないこともあって、通常のサン ジョセフのエチケットを貼り、ボトル上に直接ペンでキュヴェ名を書き込んでいます。実は、ルネ=ジャン ダール氏は15歳の時に父親を亡くし、自宅の裏に残されたこのレ シャンの畑を受け継いで、ワイン造りを始めました。父親達が飲んでいたようなワインを自分でも造ろうと右も左もわからないまま始めたワイン造り、その原点がここにあります。以下、ルネ=ジャン ダール氏の解説です。

「レ シャンの畑は僕の家の真裏のアクセスが大変な急な丘(傾斜45度?立っているだけでも困難)にある。土壌は小石の多い花崗岩質砂質でエルミタージュと同じタイプの土壌だけれども深さは浅め。ぶどうの木は僕のお父さんが植えて、その木があったから僕はヴィニュロンになった。お父さんが死んだ時、僕は初めて1人で、『この畑のブドウ』でワインを造った。そしてその後にフランソワ リボと一緒に造るようになる。だからこのぶどうの木は僕の心の中で最も大きな位置を占めている。僕は丘のこの部分にとっても思い入れがあるんだ。」

レ シャンの区画から生まれるこの白ワインは、硬質なミネラル感に溢れた凛とした雰囲気を持ったワインで、複雑味と同時に爽快さも感じさせてくれます。繊細さや品の良さが前面に出たシャープな印象のワインで、熟成を経て奥行きのある味わいへと進化して行きます。

Saint Joseph Blanc Pitrou / サン ジョセフ ブラン ピトル

産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:ルーサンヌ 100%

この区画の個性がしっかりと表現できた年にのみリリースされるスペシャルキュヴェ。毎年リリースしないこともあって、通常のサン ジョセフのエチケットを貼り、ボトル上に直接ペンでキュヴェ名を書き込んでいます。

もともとピトルというあだ名の友人がいて、その友人の畑だった区画で、その友人が亡くなってしまった後にダール エ リボがこの畑を購入してルーサンヌを植えました。造り手によるとまだ樹齢が若くテロワールを十分に表現しきれていないと言いますが、大変日当たりのよい区画で土壌も豊かなためブドウが非常によく熟し、豊かな果実味と美しさのあるミネラル感のバランスが良い、密度のある味わいを備えたワインとなっています。

Hermitage Blanc / エルミタージュ ブラン

産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:ルーサンヌ 100%

この地域で最も偉大なテロワールを誇るエルミタージュの区画から生まれる白ワインは、長らくリリースされる事はなく、地域のネゴシアンに樽ごと売却していました。その理由は、ダール エ リボにとっての理想の白ワインの味わいである繊細さや品の良さを備えたワインがなかなかできなかったと言う事があります。そして、やっと近年、エルミタージュらしい堂々とした風格と飲み心地の良さや繊細さを備えたワインとなり、極々少量ではありますがリリースされるようになりました。厚みのある果実味の中にも芯のあるミネラル感を感じ、説得力のある奥深い味わいのワインに仕上がっています。

Crozes Hermitage Rouge C’est le Printemps / クローズ エルミタージュ ルージュ セ ル プランタン
産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:シラー 100%

ダール エ リボが所有するクローズ エルミタージュの区画の中でも、フレッシュでなめらかな果実味が特徴的なブドウが得られる区画を選んで、より軽快に楽しめるようにと特別に醸造したワイン。通常のクローズエルミタージュよりも熟成期間を短めにして、早い段階でリリースされます。凝縮した果実のいきいきとしたフレーバーとピュアな果実味が楽しめ、グラスに注ぐと紫の花の香りが香水のように溢れます。

Crozes Hermitage Rouge / クローズ エルミタージュ ルージュ

産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:シラー 100%

ダール エ リボのスタンダードワイン。黒や紫系の果実の風味がいきいきと感じられ、スミレのような華やかな香りがグラスいっぱいに広がります。しっかりと凝縮した果実味としなやかな飲み心地のバランスが秀逸で、シラーが女性的な品種であるという造り手自身の言葉を体現した味わい。

Crozes Hermitage les Rouge des Baties / クローズ エルミタージュ レ ルージュ デ バティ

産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:シラー 100%

クローズ エルミタージュエリアの北部、ラルナージュ村に位置する区画で、この区画の個性がしっかりと表現できた年にのみリリースされるスペシャルキュヴェ。以下は、ルネ=ジャン ダール氏の解説。

「このパーセルはクローズ エルミタージュ村の隣のラルナージュ村に位置している。樹齢50-60年で粘土質の土壌。土壌は割りと厚みがあるが、僕たちが土壌に施す作業のおかげで空気や生命力が吹き込まれている。このワインはダール エ リボの典型的な醸造によるもの。普通のクローズ エルミタージュより重心が低く落ち着いていて、さらにリッチな味わい。テロワールがこのワインの特徴になっていて骨格を与えてくれている。どのクローズ エルミタージュもそうであるようにコクがあり飲みやすい。食事にとってもいいワイン。」

Saint Joseph Rouge / サン ジョセフ ルージュ

産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:シラー 100%

ダール エ リボにとって全ての要素でバランスの取れたラインナップといえるのがこのサン ジョセフ。ルネ ジャン ダールが父親から譲り受けたという、畑もこのサン ジョセフの中にあり、ひときわ想いを込めてワイン造りに当たっています。

クローズ エルミタージュの果実味をより深く、よりタイトにした、締まった味わい。骨格もあり、ボディもあるが、近年のダール エ リボの最大の特徴である緻密なフレーバーやシルキーな口当たりは健在で風格とシラーの女性的な美しさを感じさせるワイン。

Saint Joseph Rouge les Champs / サン ジョセフ ルージュ レ シャン

産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:シラー 100%

この区画の個性がしっかりと表現できた年にのみリリースされるスペシャルキュヴェ。毎年リリースしないこともあって、通常のサン ジョセフのエチケットを貼り、ボトル上に直接ペンでキュヴェ名を書き込んでいます。実は、ルネ=ジャン ダール氏は15歳の時に父親を亡くし、自宅の裏に残されたこのレ シャンの畑を受け継いで、ワイン造りを始めました。父親達が飲んでいたようなワインを自分でも造ろうと右も左もわからないまま始めたワイン造り、その原点がここにあります。以下、ルネ=ジャン ダール氏の解説です。

「レ シャンの畑は僕の家の真裏のアクセスが大変な急な丘(傾斜45度?立っているだけでも困難)にある。土壌は小石の多い花崗岩質砂質でエルミタージュと同じタイプの土壌だけれども深さは浅め。ぶどうの木は僕のお父さんが植えて、その木があったから僕はヴィニュロンになった。お父さんが死んだ時、僕は初めて1人で、『この畑のブドウ』でワインを造った。そしてその後にフランソワ リボと一緒に造るようになる。だからこのぶどうの木は僕の心の中で最も大きな位置を占めている。僕は丘のこの部分にとっても思い入れがあるんだ。

この区画からはいつも非常に典型的なワインができる。赤ワインはタンニンが目立ってとても力強いながら、同時にフェミナンさも残っている。瓶詰め直後は味わうのに少し難しいワインだけど、そのうちに開いてとても美しくなる。」

Saint Joseph Rouge Pitrou / サン ジョセフ ルージュ ピトル

産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:シラー 100%

この区画の個性がしっかりと表現できた年にのみリリースされるスペシャルキュヴェ。毎年リリースしないこともあって、通常のサン ジョセフのエチケットを貼り、ボトル上に直接ペンでキュヴェ名を書き込んでいます。

もともとピトルというあだ名の友人がいて、その友人の畑だった区画で、その友人が亡くなってしまった後にダール エ リボがこの畑を購入してルーサンヌを植えました。造り手によるとまだ樹齢が若くテロワールを十分に表現しきれていないと言いますが、大変日当たりのよい区画で土壌も豊かなためブドウが非常によく熟し、豊かな果実味と美しさのあるミネラル感のバランスが良い、密度のある味わいを備えたワインとなっています。

Hermitage Rouge / エルミタージュ ルージュ

産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:シラー 100%

ダール エ リボのトップキュヴェ。偉大なワインを生み出すエルミタージュの丘は、この地方でも屈指の好条件を備えた畑です。日照、斜面の向き、勾配などなど。この最高のテロワールで、力強さだけではない、繊細な美しさを備えたワインを生み出しています。

味わいは、伸びやかな果実味と凛とした雰囲気を感じさせてくれる品の良さ、シルキーな口当たりなど全ての要素がバランスよく楽しめるワインです。近い将来には、幸せがグラスから溢れだすような圧倒的なポテンシャルを見せてくれます。