toggle

Maxime Magnon / マキシム マニョン

「ワイン造りとは、とにかく葡萄からスタートする」

南仏のカルカッソンヌとなるボンのちょうど中間にあるデュルバン=コルビエール村にマキシム マニョンは本拠地を構えています。全くワイン造りに関係のない家庭に育ったにもかかわらず、子供の頃からワイン生産者になりたくてしょうがなかったマキシム。ディジョンの醸造学校で学んだ後、シャンパーニュのアンセロム セロス、コルナスのティエリー アルマン、ラングドックのレオン バラル、ボジョレーのジャン フォワイヤールと各地の一流生産者の元で修業を重ねました。修行の最後にとコルビエールのドメーヌ マリア フィタで働いていた時、樹齢100年以上の葡萄樹が何年も放置された畑が近所にある事を知りました。当時、コルビエールではブルゴーニュやシャンパーニュと違い、土地の値段もまだまだ安かったこともあり、一念発起し畑とカーヴを購入。2002年に長年の夢を叶え、自身のドメーヌを持つことに。この畑は、フィトゥーの南側に位置するオート コルビエールと呼ばれるシスト土壌と表面に石灰に覆われた恵まれた土地で、標高も高く、南でありながらエレガントなワインが出来る素晴らしいテロワールを持っています。

「ワイン造りとは、とにかく葡萄からスタートする」というマキシムは畑での作業に最も神経を使っています。極力大型重機を使用したくない彼は、牛や馬、羊の放牧と言った動物の飼育をしつつ、動物を使った畑作業にも力を入れています。動物たちが畑の下草を食べたり、剪定前の枝や葉を食べてくれるという、ブドウ栽培に自然の循環を取り入れる農法を取り入れ、更にワイン造りを行う上で重要視している点として、葡萄は全てゴブレ仕立てで栽培し、全てのキュヴェで全房発酵、醸造時に酸化防止剤無添加を徹底する事を挙げています。
生産者としての仲間であるイヴォン メトラ、ジャン=バプティスト セナ、フィリップ ヴァレット達とは現在でも常に情報交換を行い、試行錯誤しながらよりクオリティの高いワインを造るために活動し「僕は南仏でボジョレーを造るようにワインを生み出したいんだ」と語ります。イヴォン メトラ仕込みのMCを駆使したコルビエール。ただ濃いだけの南仏とは訳が違うマキシムのワイン。今後更に進化していくことでしょう。

La Begou / VdF ラ ベグー


産地:フランス ラングドック地方
品種:グルナッシュ ブラン40%、グルナッシュ グリ60%

シストや粘土石灰質の土壌に植えられた平均樹齢50〜60年のグルナッシュ ブラン、グルナッシュ グリから造られ、フードルで発酵後12ヶ月熟成させ瓶詰め。
野生の白い花の様なフローラルな香りに、サラっとしたタイプの蜂蜜、林檎の蜜の部分や白桃、洋梨、青リンゴ的なフルーツのニュアンスが溢れます。活き活きとした心地良い酸とミネラルが中心にあり、フレッシュな果実をそのまま齧ったような果実味がバランスよく構成されているため、緊張感があり、塩味を感じるかのようなキレがあります。ブラインドで飲むと南仏とは思えないエレガントな仕上がりです。

Metisse / メティス


産地:フランス ラングドック地方
品種:グルナッシュ ノワール、カリニャン、サンソー、グルナッシュ ブラン

粘土石灰質土壌の平均樹齢80年。グルナッシュ ノワール、カリニャン、グルナッシュ ブランを一緒に醸造し、サンソーのみ別に醸造。ダイレクトプレスし、12日間コンクリートタンクで全房発酵後、3〜6年古樽で6ヶ月熟成後瓶詰め。キュヴェ名は「(子供同士が)ふざげあって叩き合う」という意味。
非常にフレッシュでキレのある赤系ベリーに、小粒のストロベリー、クランベリーやアセロラ、ザクロの様な小気味良いフレッシュな香りが花開きます。時間の経過とともにに薔薇の様な集中したフローラルさも感じられるようになり、複雑な果実のニュアンスや美しいミネラル、程よい酸を楽しめる非常に良く出来ている魅惑的なロゼです。

Rozeta / ロゼッタ


産地:フランス ラングドック地方
品種:カリニャン40%、グルナッシュ30%、サンソー30%

平均樹齢50〜60年。キュヴェ名は「魔法使い」という意味でディズニー映画「王様の剣」に登場する魔法使いマーリンに由来しています。
畑は、オート・コルビエールの中心部、ヴィルヌーヴ・レ・コルビエール村、ダーバン村、カスカステル村の標高200mに位置し、粘土石灰質土壌。全房で低温発酵させ、大樽で熟成させた後瓶詰めをします。
非常にエレガントなベリーの香りに加え、中東のスパイス、タイムの香りが立ち上ります。フレッシュな果実にピンと焦点の定まったミネラルと酸が感じられる為、フルーティーで飲みやすいワインです。

Campagnes / カンパニエス


産地:フランス ラングドック地方
品種:カリニャン

樹齢100年を超えるカリニャンから造られ、キュヴェ名はコルビエールにあるブドウ畑の区画の名前に由来しています。シストと粘土石灰質の土壌で、オート・コルビエールの中心部、標高200メートルのヴィルヌーヴ・レ・コルビエール、ダーバン、カスカステルの各エリアに点在する畑から収穫されます。
濃いガーネットの様な外観に、ブラックベリーやカシスの様な濃い黒系ベリーにブルーベリーやプラムのようなフルーツのニュアンスも出て、徐々に胡椒やクローブといったエスニックなスパイスや樽のニュアンスも感じられるようになります。
細やかなタンニンやスパイス感、そしてキリッとした酸が重層的に重なりあい複雑な味わいを感じさせ、余韻もエレガントにまとまっています。