toggle

L’Immortelle / リモーテル

ドメーヌ ド リモーテルは、2014年からデルフィーヌとヤン・ブーヴィエ夫妻でドメーヌをスタートさせ、現在はモントネ(ルーション、カタロニア北部)、ラ トゥール ド フランス、カルスの3つのエリアで7ヘクタールの畑から、7キュヴェを造っている若手醸造家です。当然のように自然酵母を使用、除草、収穫は手作業、亜硫酸塩の極少量の添加以外は、自然の持つ力のみでワインを造っています。

ダンケルク出身のデルフィーヌとブルトン出身のヤンは、フランスの製紙学校で工学を学んでいた時にグルノーブルで出会いました。卒業後パリへ移住するも3年の歳月を経て、マルティニークの島々へと旅立つことを決意。2007年にマルティニークに紙の貿易会社を設立し、島で10年過ごします。しかし、マルティニークに拠点を置いていたワインのインポーターと出会い、ワインに魅せられてしまいます。そして、デルフィーヌとヤンは南仏のワイン、特にルーションのワインに強く魅せられ、自分たちでワインを造るんだという考えに辿り着きました。「日々チャレンジすることが、生きて行く上での原点なんだ」と話す彼らにとって、ある意味、ワイン生産者になる事は必然であったのかもしれません。

「ブドウの木、テロワール、人々を尊重しながら、良いワインを造ることが私たちの哲学です。」とする彼らは、ビオへの転換を畑取得後直ぐに行い、2015年にはエコセール認証、2018年にはAB認定を受けました。ワインへの情熱と愛情からこの職業を選んだと話す彼らは、収量の少ない土地(平均約25hl/ヘクタール)の区画を購入しブ、ドウの品質重視の姿勢を今でも貫いています。

フランソワ・ラブレーの「ガルガンチュア物語」という著の中に「常に飲みなさい、あなたは決して死なないだろう」という言葉がありますが、そこに「良い自然派のワインを飲む限り」と言葉を付け加えたいと彼らは話すほど、この土地とナチュラルワインを愛しています。そして地中海沿岸に咲く、この土地固有の花であるイモーテル(ラベルにもデザインされている黄色い花で不滅の花と言う意)に意味を重ねて、ドメーヌの名前としました。

自分の感性と情熱を信じてここまで辿り着いたデルフィーヌとヤン夫妻。彼らの情熱とセンスが溢れる味わいのワインを是非感じ取って下さい。

 

Le P’tit Grain 2019 / ル プティット グラン


産地:フランス ルーション地方
品種:ミュスカ プティ グラン 100%

白い花の可憐な香りに加え、ハーブやマスカットの様な瑞々しいフルーツのニュアンスが感じられます。フローラルな香りに甘いニュアンスやミネラルが加わり、とても華やかで活き活きとしていますが、味わいはあくまでもドライな仕上がり。フレッシュでスルスルと喉を通るエレガントな味わいです。

 

La dans Tete le Cep / ラ ダン テート ル セップ



産地:フランス ルーション地方
品種:カリニャン80%、シラー15%、グルナッシュ5%

このラベルのデザインはブドウ畑を買うために協力してくれた友人12人への感謝を表現したものだそう。
ルーションのワインらしく、グラスにglou-glou(ドクドク)注いで飲んでほしい(本人談)ため、その点を意図して造られました。濃いルビー色からは、ジューシーで果実感を強く感じられますが、凛とした酸があるため、濃厚ですが飲み疲れする事はなく、安定してスルスルと飲み進めることが出来ます。

 

Madinina / マディニーナ



産地:フランス ルーション地方
品種:カリニャン60%、グルナッシュ40%(1945年植樹)

マディニーナとは、彼らが10年間住んでいたマルティニーク島(別名マディニーナ「花の島」「女性の島」という意味)での思い出を記念して付けられました。
南向きに位置する斜面の区画で、シスト土壌。全てのブドウを除梗してからプレス。各々のブドウを500ℓの木樽で12か月熟成させた後、瓶詰め。
深いガーネット色で、ラズベリーやブラックベリーなど小粒の果実を煮詰めた香りに、赤系の花や若干のスミレと言った濃厚なフローラル、わずかにムスクの香りが加わります。南仏らしい果実の味わいに加え、スパイシーなニュアンスや凝縮したエキス感や丸みのあるタンニンが加わり、しっかりとした酸とミネラルが広がりを持たせます。余韻は長く、大振りのグラスで楽しむことをオススメします。
相性の良い料理として、ローストビーフやシャルキュトリーと言った冷たい肉料理や赤身の強いジビエ、ラクレットやシェーブルチーズと好相性です。