「最高峰に登り詰めた 偉大なる挑戦者」

ドメーヌ ゴビーは、ルーションのなかでもスペイン国境に近い辺ぴな場所で、90年代半ばにセンセーショナルなほどの名声を勝ち得た南仏のスタードメーヌです。名声を勝ち得た当初は、力強い凝縮感と骨格のたくましさが特徴のワインでしたが、現在は力強さとデリケートさのバランスに優れたエレガントなスタイルとなっています。

その秘密は所有する畑にあって、南仏にありながら標高の高い丘陵地に位置しており、そのため気温の過度な上昇を避けることができます。また海や山から吹きつけ、吹き抜けていく風が湿気を取り去り病害を防ぐ一助になっています。これらによってフィネスや上品な酸をともなって成熟したブドウは、化学肥料や除草剤、防虫剤、防カビ剤などいっさいを排した自然な栽培によって育まれ、醸造中は亜硫酸(酸化防止剤)を用いずブドウの自然な美味しさをいかした造りがなされています。

またゴビーの所有する起伏に富んだ畑は、区画毎の立地条件が大きく異なり、ミクロクリマ(微小気候)の影響も合わさって、際立った特徴のブドウが育ちます。ゴビー氏は、その個性をいかすよう、「単一畑」ごとに区別して造ったワインをリリースしています。ドメーヌ ゴビーのワインは、ルーションのみならず南仏最高の強さと繊細さを持ったワインとして大変な注目を浴びており、今やゴビー氏は、ルーション地方ワインの品質アップを目指す若手生産者の旗手となっています。近年はジェラール氏のご子息がワイン造りに参画し、以前の濃縮感のあるスタイルからエレガントさとふくよかさのバランスに優れたスタイルへと進化をとげています。

一方、ゴビーのもう1つのプロジェクトであるドメーヌ ド ル スーラは、ジェラール ゴビー氏と隣人の醸造家、さるイギリス人の3人で共同運営しているドメーヌで、ゴビーの所有する畑よりもさらに標高の高い位置にある畑からワインを生み出しています。そのためゴビーのワインよりも美しいミネラルと酸があり、南仏の太陽がもたらすボリューム感とのバランスが秀逸な、美しくも力強いワインとなっています。

「栽培に関して」

栽培総面積は約40ha。 化学農薬・化学肥料不使用の自然環境を尊重した「テロワールの風味」をそのままブドウに表現する栽培を実践。ブドウ樹の樹齢が高く、他に類を見ない旨みを生み出します。収穫は、全て選果しながらの手摘み。積んだブドウを潰さないようプラスティックケースにいれて運搬するなど、その丁寧な仕事は完璧。

 

les Calcinaire VdP Cotes Catalanes Blanc
- レ カルシネール VdP コート カタラン ブラン -
品種: ミュスカ 50% シャルドネ 30% マカブー20%

ゴビーの手がけるワインのなかで最もカジュアルなクラスのワイン。 濃厚な果実味に強烈なミネラルと清涼感すらある爽やかな香りと酸味。ローヌでもロワールでもない旨みの凝縮感と南国系フルーツの香ばしく爽やかなフレーバーが印象的です。

VdP Cotes Catalanes Blanc V.V.
- VdP コート カタラン ブラン ヴィエイユ ヴィーニュ -
品種: マカブー 40% グルナッシュ ブラン 25% グルナッシュ グリ 10% シャルドネ 15% カリニャン ブラン 10%

「南仏の白ワインは重厚でぼってりとした旨み」という既成概念をいい意味で裏切ってくれるワインで、強烈な旨みの凝縮感と香ばしいニュアンスがありながら、どこか清涼感を感じさせる余韻があり、口当たりも非常にしなやかです。それぞれの品種がもつ個性がしっかりと表現され、白い花のようなニュアンスや蜂蜜のフレーバーがグラスに溢れます。

Coume Gineste VdP Cotes Catalanes Blanc
- クーム ジネスト VdP コート カタラン ブラン -
品種: グルナッシュ ブラン 50% グルナッシュ グリ 50%

「黄色い花が茂る谷」と名づけられたゴビーの自信みなぎる最上級白ワイン。そのミネラルの美しさと品のある酸の質に「南仏のモンラッシェ」と冗談を言う某有名ソムリエも。花、柑橘類やバニラのような強烈なアロマを持ち、熟した桃やアプリコットをかぶりついた時のようなボリューム感があり、まさにネクターと呼べる味わいです。驚くほど長い余韻、香りのパワー、複雑さ、酸味とアルコールのバランス、繊細さと密度、全ての点で最高のレベルを実現しています。

 

les Calcinaire Cote de Roussillon Villages Rouge
- レ カルシネール コート ド ルーション ヴィラージュ ルージュ -
品種: カリニャン 50% シラー 20% グルナッシュ 20% ムールヴェードル 10%

ゴビーの手がけるワインのなかで最もカジュアルなクラスのワイン。 シストと粘土石灰質の土壌から造られ、このクラスでも腰が強く濃厚ながら、とても飲みやすい仕上がりとなっています。

Cote de Roussillon Villages Rouge V.V.
- コート ド ルーション ヴィラージュ ルージュ ヴィエイユ ヴィーニュ -
品種: グルナシュ 50% カリニャン 30% シラー 10% ムールヴェードル 10%

ローズマリー、タイムなどの香草に、溢れるような赤い果実が香る「テロワール」の風味が見事に表現されたキュヴェです。完熟したグルナシュの丸みのある良質のタンニンは、なめらかで濃厚、傑出したコクと緻密さが素晴らしい赤ワインです。樽香がバランスよく、魅力的な風味を与えながら充実感のある余韻が楽しめます。

Le Soula Rouge VdP Coteaux des Fenouilledes
- ル スーラ ルージュ VdP コトー デ フヌイエド -
品種: グルナッシュ 50% カベルネ ソーヴィニヨン 50%

凝縮感のレベルは通常のゴビーのワインに通じ、スグリやラズベリーといった赤系果実の風味が強く、そこに香ばしい樽のニュアンスと香草の風味が加わります。酸やミネラルの質も非常に高く、精悍なワインに仕上がっています。

Muntada Cote de Roussillon Villages Rouge
- ムンタダ コート ド ルーション ヴィラージュ ルージュ -
品種: シラー 60% ムールヴェドル 25% グルナシュ 10% カリニャン 5%

かつて名だたるグランヴァンをも凌駕したと評価を受けたゴビーの最上級キュヴェ。驚くほどの強い味わいがある一方で、ボリューム感や凝縮感が心地良く感 じられるのは、スミレのような繊細さとミネラルな味わいがこれらを見事にまとめているからです。パンチの効いたアタック、実に緻密につながった構成、爽や かさも感じる奥深い味わいは、まさにグランヴァンといえる風格です。 「ムンタダは、大自然の恵みをそのまま表現したもの」と、ゴビー氏は語ります。