「ブドウだけの甘みから、淡く可憐なロゼ ペティヤン」

アラン ルナルダ ファッシュのフォトギャラリーはこちら

美食の街でありフランス第二の都市であるリヨンの北東、スイス国境にも程近いサヴォア地方で代々続くワイン生産者であるアラン ルナルダ ファッシュ。現在のオーナーは5代目となるアラン ルナルダ氏、そして、6代目となる息子のエリーが、数年前からワイン造りを手伝っています。その他のスタッフは、彼らそれぞれの奥さん2名に従業員が1名と総勢5名。小さいながらも暖かみのある家族経営のワイナリーです。

畑は標高350mを超える急斜面にあり、雑草を生やすことで土壌が流出しないようにさせながら、地中の水分を蒸散させる工夫をするなど、様々な試みを行っています。また、10年以上前から減農薬の農業「リュット レゾネ」を実施、特に除草剤を使わないよう執心しています。

彼らが生産しているワインは、中甘口のロゼスパークリング1種類のみで、涼しい気候と品種特有の繊細な風味を引き出した「ヴァン ドゥ ビュジェ セルドン」のみを生産しています。このワインを製法である「メトード アンセストラル」とは、人為的な糖分添加を行わず、ブドウ本来の甘みのみを用い、また酵母添加も行わずに造るスパークリングワインです。ステンレスタンクにて自然酵母で発酵させ、アルコール分が6%ほどになったところで軽く濾過(ろか)をし瓶詰めします。そのままさらにアルコール発酵を継続させて瓶内二次発酵を行い発泡性のあるワインとして、最終的なアルコール度数が7.5%程度になったところで急速に冷却し発酵を止め、濾過(ろか)をし、極少量の亜硫酸を添加してボトリングします。

上品な甘さと芳醇な果実味や爽やかな香りは、このような製法から生まれるブドウそのままの「自然の味わい」なのです。 同時に、最高温度8℃という極めて低い温度での発酵によって、果実の繊細な風味がそのままワインに表現されています。

 

Vin du Bugey Cerdon Rose Petillen - ヴァン ドゥ ビュジェ セルドン ロゼ ペティヤン -
品種: ガメイ 85% プールサール 15%

淡く美しいロゼの色調を持ち、フランボワーズや苺の香りが際立つ華やかな風味。泡立ちも柔らかく、クリーミーな口当たりが楽しめます。自然酵母での発酵によって得られる滋味深い果実味と爽快な酸味があり、100%ブドウ由来の甘みは、ベトベトしない繊細な味わいに感じられます。フルーツなどと一緒に食前酒としても最適ですが、甘みのあるデザートと楽しむと酸の爽快さがより一層感じられるスムーズな飲み心地となります。